PR

ニュース 政治

大みそかから2週間「本来ならもう少し減っても…」 西村担当相

閣議に臨む西村康稔経済再生担当相・社会保障改革担当相=15日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む西村康稔経済再生担当相・社会保障改革担当相=15日午前、首相官邸(春名中撮影)

 西村康稔経済再生担当相は15日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数が14日に約6600人となったことに関し「2週間前が大みそかで、人の流れが少し減る時期だ。本来ならもう少し(感染者が)減ることも考えられる」との認識を示した。

 一方で、9~11日の3連休の検査件数が少なかった分、連休明けの検査が増えて報告数も増加した可能性にも言及し、発症日別のデータで見ることも含め、慎重に分析する考えを示した。

 内閣官房の資料によると、全国の新規感染者数は9日(土)7459人▽10日(日)6100人▽11日(月)4862人▽12日(火)4536人▽13日(水)5850人▽14日(木)6598人-と推移している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ