PR

ニュース 政治

4月の参院長野補選 自民、小松氏で調整

 自民党は12日、4月25日投開票の参院長野選挙区補欠選挙に、新人の小松裕元衆院議員(59)を擁立する方向で調整に入った。小松氏が12日、所属する同党竹下派会長の竹下亘元総務会長とともに党本部で林幹雄幹事長代理に会い、出馬の意向を伝えた。林氏は「県連で決定すれば、速やかに対応したい」と応じた。

 一方、立憲民主党は、他の野党と統一候補を擁立する方向で急いでいる。

 補選は立民の羽田雄一郎参院議員が新型コロナウイルスに感染し、死去したのに伴って実施される。小松氏は平成24年衆院選で初当選。2期務めた後、29年衆院選で落選した。令和元年の参院選に出馬したが、羽田氏に敗れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ