PR

ニュース 政治

衆院「任期まで務めるべき」 立民静岡県連代表

 立憲民主党静岡県連は12日、幹事会を開き、4月に実施される“ミニ統一選”に向けた候補者擁立作業を進めることを確認した。また、6月にも予定される知事選に関しては、現職の川勝平太氏の態度表明を待って県連としての対応を検討する。同党の前身である旧民主党は4年前の知事選では川勝氏を支援した。

 幹事会終了後に記者団の取材に応じた県連の渡辺周代表は、衆院解散・総選挙について「緊急事態宣言が発令される中、政治的空白を作るわけにはいかない。10月には任期が切れるので、任期まで務めるべきではないか」との考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ