PR

ニュース 政治

緊急事態 3連休の自粛要請 首相「難局乗り越えたい」

菅義偉首相=8日午後、首相官邸(春名中撮影)
菅義偉首相=8日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い東京など4都県で同日から緊急事態宣言を発令したことについて「国民の協力をいただきながら、何としても難局を乗り越えていきたい」と述べた。9日から3連休に入るのを前に、外出自粛やテレワークなどでの協力を改めて呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 また、大阪府や愛知県が宣言の対象に加えるよう求める意向を示していることについては「そうした地域ともしっかり連携し、状況を確認した上で対応していきたい」と述べた。7日の記者会見では大阪府や愛知県が発令する状況にないとの認識を示していた。

 西村康稔経済再生担当相は8日のコロナ分科会で、イベント制限などの措置は宣言解除後、段階的に緩和していく考えを示した。

 一方、政府は中国や韓国など11カ国・地域と合意したビジネス関係者らの往来について、宣言発令に合わせた一時停止は見送った。相手国・地域で感染力が強い新型コロナの変異種の市中感染が確認されれば停止する方針だ。加藤勝信官房長官は8日の記者会見で「感染状況を見極めつつ、必要な水際対策は着実に取っていきたい」と述べるにとどめた。

 東京都は8日、新型コロナの感染者が新たに2392人報告されたことを明らかにした。1日に報告される新規感染者数としては過去最多の7日の2447人に次ぐ2番目の多さ。小池百合子知事は定例記者会見で、9日からの3連休は「ステイホームでお願いしたい」と述べた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ