PR

ニュース 政治

秋田県が緊急事態宣言地域との往来自粛要請

1都3県との「往来自粛」を県民に要請する秋田県の佐竹敬久知事(奥)=8日、県庁
1都3県との「往来自粛」を県民に要請する秋田県の佐竹敬久知事(奥)=8日、県庁

 秋田県は8日の新型コロナウイルス感染症対策会議で、緊急事態宣言が出された東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県との「往来自粛」を県民に要請した。

 会議では、入学試験や資格試験などの受験、必要不可欠な業務など「真にやむを得ない場合」を除き、往来を自粛するよう要請した。宣言地域が追加・変更された場合も同様の対応を求める。

 さらに、感染拡大が高水準で続く北関東や中京・関西圏などとの往来も「慎重に判断する」よう求めた。

 佐竹敬久知事は「これまで首都圏との往来は“できるだけ避ける”よう求めてきたが、緊急宣言を受けて“自粛”に強めた」と説明。そのうえで「県内でも年末から感染者が増えているが、医療態勢はまだひっ迫していない。ただ、首都圏からの帰省者が増えているので、感染防止対策に十分注意が必要だ」とし、宣言地域での大学入試などについて「県内からの受験者のために十分な感染防止対策を関係機関に求める」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ