PR

ニュース 政治

菅首相の政府対策本部での発言全文 緊急事態宣言発令「国民の命と暮らし守る」 

新型コロナウイルス感染症対策本部で緊急事態宣言を発令する菅義偉首相(手前から2人目)=7日午後、首相官邸(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部で緊急事態宣言を発令する菅義偉首相(手前から2人目)=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 7日に首相官邸で開かれた政府の新型コロナウイルス対策本部での菅義偉(すが・よしひで)首相のあいさつは次の通り。

 年末年始からの感染者数は極めて高く、本日、東京では2400人を上回るなど、ここ最近、全国的にさらに厳しい状況となっており、強い危機感を持っております。こうした中、午前中の(基本的対処方針等)諮問委員会において、新型コロナウイルス感染症について全国的かつ急速な蔓延(まんえん)により、国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある事態が発生したと認められました。これを踏まえ、(新型インフルエンザ等対策)特別措置法の規定に基づく緊急事態宣言を発出をいたします。

 緊急事態措置を実施すべき期間は令和3年1月8日から2月7日までの1カ月間とし、発出すべき区域は埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県の1都3県とします。この後の記者会見で改めて私からご説明申し上げますが、今回はこれまでの経験に基づき、効果のある対象に徹底的な対策を行うとともに、飲食店の営業時間短縮、テレワークによる出勤7割減、20時以降の外出自粛、イベントの人数制限の4点をパッケージで対策を行っていくことといいます。「Go To トラベル]などについては緊急事態宣言中の停止扱いを継続することとします。

 政府においては、国民の命と暮らしを守ることを第一に、都道府県と緊密に連携をしながら、何としてもこの感染拡大を食い止めるべき対策を進めてまいります。各大臣におかれては、基本的対処方針に基づき、これまで以上に高い緊張感を持って、全力で対策に当たってほしいと思います。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ