PR

ニュース 政治

緊急宣言地域と周辺の往来自粛へ 大雪で災害救助法適用要請も 秋田県知事の仕事始め会見

コロナ収束後に各分野が動き出す思い込めた「今年の1字」を示す秋田県の佐竹敬久知事=4日、県庁
コロナ収束後に各分野が動き出す思い込めた「今年の1字」を示す秋田県の佐竹敬久知事=4日、県庁

 秋田県の佐竹敬久知事は4日の仕事始めの会見で、政府が新型コロナウイルス対策で首都圏の1都3県に緊急事態宣言を出した場合、県民に対し同地域との往来自粛を求める考えを示した。

 佐竹知事は「往来自粛は1都3県に加え感染拡大が著しい茨城県など周辺地域も含める」と述べた。

 また、秋田県内陸部を中心に続く大雪で除雪が滞り、除雪事故も多発していることについて「雪捨て場や雪を運ぶダンプカーの確保が緊急に必要だ。県も市町村もコロナ対策に多くを費用を投入して財源が枯渇している。大雪対策の財源を国から支出してもらうため、同様に大雪が続く新潟、福井両県などと足並みをそろえて災害救助法適用を求めたい」と表明した。

 気象庁によると、内陸部の積雪(4日午後2時)は横手市内で177センチに達している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ