PR

ニュース 政治

【菅首相年頭記者会見詳報】(1)1都3県に緊急事態宣言発令を検討

年頭の記者会見に臨む菅義偉首相=4日午前、首相官邸(萩原悠久人撮影)
年頭の記者会見に臨む菅義偉首相=4日午前、首相官邸(萩原悠久人撮影)

 菅義偉首相は4日、首相官邸で年頭の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言の再発令の検討に入ることを明らかにした。会見の詳報は以下の通り。

 「新年にあたり、一言ごあいさつをさせていただきます。例年であれば、五穀豊穣(ほうじょう)と人々の幸せを祈る伊勢神宮へ参拝した後に、年頭の記者会見を行っておりましたが、今年は現在の新型コロナウイルスの状況を踏まえ、参拝をしかるべき時期まで延期し、ここ、官邸において会見を行うことになりました」

 「新型コロナウイルスについては、引き続き1日の感染者数が3000人を超え、重症者数も高い水準で推移をしており、非常に厳しい状況だと認識をいたしております。まずは、年末年始も最前線で戦っておられる医療、介護をはじめとする関係の方々、そして、外出や帰省を控えていただいている国民の皆さまに心から感謝を申し上げる次第です」

 「政府としては、こうした厳しい状況を踏まえ、改めてコロナ対策の強化を図っていきたいというふうに思います。まずは感染対策、さらに水際対策、医療体制、ワクチンの早期接種、この4点で、強力な対策を講じることにいたしました」

 「第1に感染対策です。(昨年)12月の人出は多くの場所で減少しましたが、特に東京都や近県の繁華街の夜の人出はあまり減っておりませんでした。昨年以来、対策に取り組む中で判明したことは、経路不明の感染原因の多くは、飲食によるものと専門家が指摘をいたしております。したがって、飲食でのリスクを抑えることが重要です。そのため、夜の会合を控え、飲食店の時間短縮にご協力いただくことが最も有効ということであります」

 「1都3県について改めて、先般、時間短縮の20時までの前倒しを要請いたしました。そして国として、緊急事態宣言(発令)の検討に入ります。飲食の感染リスクの軽減を実効的なものにするために、内容を早急につめます。さらに給付金と罰則をセットにして、より実効的な対策をとるために、(新型インフルエンザ等対策)特別措置法(の改正案)を通常国会に提出いたします」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ