PR

ニュース 政治

「第3波後、経済活動を加速」 茨城・大井川知事新春インタビュー 

 --県政にはどのようなことが必要ですか

 知事「失敗から学び軌道修正することを前提に、スピード感をもってやること。失敗して何度も繰り返す方がよほど成功の確率が高い。その考え方が今の行政に求められていると思います」

 --政治家とは

 知事「政治家には選択と集中の計算が重要だと思います。いろいろなことを浅く広くやって、政治的には満足した気分になっても、それで社会が変わったり良くなったりすることはめったにない。結局何も起きないというパターンは多い。そういうのはもう許されない時代だと思う」

 --歴史上で尊敬する人物は

 知事「ドイツの宰相、ビスマルクです。先見の明があり、周囲をしっかり観察し、ドイツをヨーロッパ有数の強国にまとめ上げた。一方で、年金とか社会保障制度をいち早く導入し、緻密に情報を分析、戦争になってもすぐ終わらせて経済的な負担を最小限にするかじ取りをしている。ものすごく立派な政治家の1人だと思う」

 --趣味や休日の過ごし方を教えてください

 知事「スポーツ観戦やゴルフ、ダイビングが昔は好きでした。最近はネットフリックスにはまっています。前職(ドワンゴ)の関係でアニメもよく見ます。『鬼滅の刃』は全話見ました。映画はまだですが…『進撃の巨人』も好きです。『愛の不時着』もチェックしました」

 --最後に、コロナ禍の新年、県民にメッセージを

 知事「本年は『飛躍』の1年。コロナの影響で社会や人々の価値観が変わる変革期こそ、チャレンジ精神が生かされる。新たな時代に前例踏襲・横並びではなく、自ら未来を切り開く新しい茨城づくりに挑戦していきますので、県民の皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ