PR

ニュース 政治

大島衆院議長が年頭の辞 「立法府はいかなる状況でも責務果たす」

大島理森衆院議長
大島理森衆院議長

 衆院は1日、大島理森議長の年頭の辞を発表した。全文は次の通り。

 令和3年の新春を迎えるに当たり、国民の皆さまのご健勝とご多幸を心からお祈りいたします。また、皇室におかれましては、昨年の立皇嗣の礼により、お代替わりに伴う主な儀式や行事をつつがなく終えられ、謹んでおよろこび申し上げます。皇室の弥栄とわが国のますますの発展を衷心より祈念申し上げます。

 昨年、新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るい、わが国を含む各国で数多くの尊い命が失われ、経済社会に未曽有の事態が生じました。亡くなられた方々とそのご家族に哀悼の意を表するとともに、罹患(りかん)された方々にお見舞い申し上げます。

 そして、日々最前線で奮闘されている医療従事者をはじめ関係者の皆さまに謝意を表します。衆院では、立法府はいかなる状況にあろうとも責務を果たし続けなければならないとの認識の下、マスクの着用、議場に入る人数の調整等の対策を講じてまいりましたが、引き続き、与野党の協力の下で必要な対策をとり、国民の信託に応えられるよう万全を期してまいる所存です。

 多くの方々が苦境に立たされる中、国民の皆さまの多大な協力の下、各方面で感染拡大防止のため懸命の努力がなされ、ワクチン等に関しさまざまな動きも報じられている現状にあります。一日も早い終息に向け、衆院もさらなる努力を傾けてまいります。また、東京五輪・パラリンピックの延期により選手・関係者の皆さまには大変なご苦労があるものと拝察いたします。本年の大会が安全・安心を確保した上で成功を収めることを祈念いたします。

 感染症の流行により、対面で外国議会との交流を行うことが難しい状況となっています。そうした中、昨年、私は、オンライン開催されたG7(先進7カ国)下院議長会議に参加し、また、カナダ下院、米国下院、中国全人代、韓国国会の各議長等とテレビ会談を行うなど、さまざまな課題につき意見を交換する機会を重ねました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ