PR

ニュース 政治

山東参院議長が年頭所感 「諸課題解決に向けた決意新たに」

山東昭子参院議長
山東昭子参院議長

 参院は1日、山東昭子参院議長の年頭所感を発表した。全文は次の通り。

 明けましておめでとうございます。

 本年は、多くの皆様方にとりまして、いつもとは違う新年になったかもしれません。ご実家への帰省や親戚の皆さまとの集まりを避け、新年を過ごされている方も多くいらっしゃるかと存じます。大切なご家族やご友人と気兼ねなく触れ合える日常が早く戻ることを願ってやみません。

 昨年は、医療・介護、清掃、配達、食品の生産・販売など、人々の生活を維持するため必要な業務に携わっておられる方々の尊さを再確認する年となりました。今もなお新型コロナウイルスとの戦いの最前線で働いておられる方々へ、心からの敬意と感謝の念を表します。

 また、昨年はわが国の議会が開設されてから130年という節目の年でもありました。わが国の議会が歩んできた道のりに思いをはせ、改めて国会に課せられた重大な使命を痛感いたします。国民の皆さまが安心して毎日を暮らしていけるよう、感染拡大防止を始め、山積する諸課題の解決に向けた決意を新たにした次第です。

 参院は、歴代議長の下で参院改革に努めてまいりました。昨年12月、選挙制度を含めた参院改革について意見を交わす場を設けるため、各会派のご意見を伺ったところ、「参院改革協議会」を設置する方向性について確認されました。今後とも、議長として参議院の改革に尽くしてまいります。

 現下の難局を克服し、この1年が皆様方にとって、平安で、そして笑顔で振り返ることができる年となりますよう、心よりお祈りを申し上げ、私からの新年のごあいさつといたします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ