PR

ニュース 政治

首相、閣僚協議も緊急事態宣言再発令に言及せず 都内感染1300人超え

田村厚労相らとの面会を終え、記者団の質問に答える菅首相=31日夜、首相官邸
田村厚労相らとの面会を終え、記者団の質問に答える菅首相=31日夜、首相官邸

 政府は31日、東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が過去最多の1300人超となったことを受け、菅義偉(すが・よしひで)首相が関係閣僚を首相官邸に招集し、対応を協議した。協議終了後、首相は記者団に「自治体としっかりと連携を取り、この休み期間中に医療体制を確保することを改めて指示した」と説明した。

 首相は緊急事態宣言の再発令について問われたが、「まず今の医療体制をしっかり確保し、感染拡大回避に全力を挙げることが大事だ」と述べるにとどめた。

 感染状況については「明らかに増加傾向にあり、大変厳しい認識をしている」と表明。その上で「感染対策の基本はマスク、手洗い、3密回避だ。特に東京をはじめとする皆さまには不要不急の外出をできるだけ避けていただきたい」と国民に呼びかけた。

 首相が指示を伝えたのは田村憲久厚生労働相や西村康稔経済再生担当相、加藤勝信官房長官の3閣僚。東京の感染状況などについても報告を受けた。

 年明けの感染状況次第では地域を限定した緊急事態宣言の発令が現実味を帯びる。こうした状況を踏まえ、首相は改めて警戒を国民に呼びかけた形だ。

 新型コロナをめぐり、西村氏は12月30日に自身のツイッターで「感染拡大が続けば国民の命を守るため、緊急事態宣言も視野に入ってくる」と投稿。医療体制の確保に危機感を表明していた。

 政府は年末年始を感染拡大を抑える期間と位置づけ、観光支援事業「Go To トラベル」を12月28日から1月11日まで全国一斉に停止。外国人の新規入国も一時停止したほか、首相自身も「静かな年末年始を過ごしていただきたい」と国民に呼びかけてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ