PR

ニュース 政治

与野党、新型コロナ特措法 早期成立で合意

会談に臨む立憲民主党・安住淳国対委員長(左)と自民党・森山裕国対委員長=28日午前、国会内(春名中撮影)
会談に臨む立憲民主党・安住淳国対委員長(左)と自民党・森山裕国対委員長=28日午前、国会内(春名中撮影)

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は28日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染対策強化に向けた新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正について、来年1月18日召集の通常国会で早期成立を目指す方針で合意した。同月初旬に「政府・与野党連絡協議会」を開いて各党の意見を集約し、早ければ1月中の成立も視野に入れる。

 森山氏が会談後、記者団に明らかにした。森山氏は「通常の法案であれば(予算成立後の)4月以降の審議となるだろうが、新型コロナ対応では時間を逸することになる」と強調し、早期成立の必要性を訴えた。他の法案とは切り離し、特例として先行で審議する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ