PR

ニュース 政治

千葉市、外国籍市民174人の介護保険料を誤算定 過少請求 

 千葉市は25日、令和元年度の介護保険料と介護サービス利用者の自己負担で、外国籍市民174人について計851万5千円低く算定し、請求していたと発表した。

 介護保険システムへの入力ミスが原因で、市は来年1月中旬に、対象者におわびし、追加支払いの納付書を送付する予定。

 同市によると、介護保険料の算定は、前年所得に応じた保険料段階で額が確定し、徴収を行っている。

 外国籍市民で、住民基本台帳に登録された本名と異なる場合は、自動的な処理ではなく別作業で本名と照らし合わせるが、この際、年度設定を誤り、前年所得がないとして、介護保険料などを算定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ