PR

ニュース 政治

安倍前首相、国会で謝罪「心からおわび」 「桜」夕食会補填で答弁訂正

衆院議院運営委員会で、首相在任時に行った桜を見る会前夜の夕食会費補填についての答弁を訂正し謝罪する安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院議院運営委員会で、首相在任時に行った桜を見る会前夜の夕食会費補填についての答弁を訂正し謝罪する安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 安倍晋三前首相は25日、衆参両院の議院運営委員会に出席し、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前日の夕食会の費用補填(ほてん)問題について「道義的責任を痛感している。国民と全ての国会議員に心からおわび申し上げたい」と述べ、自らの首相在任中の国会答弁を訂正し、謝罪した。首相経験者が答弁の誤りに関して国会で説明するのは極めて異例だ。

 安倍氏は衆院議運委で、夕食会会場となったホテル側への支払いの一部を安倍氏側が補填したことを認めた。参加者への利益供与ではないかとの指摘には「会場費を計上しても利益に当たらないという総務省の見解がある」と説明した。

 補填に関わった元秘書を業務上横領罪で告訴する考えについては「私に長年仕えてくれたのは事実なので、訴える考えはない」と述べた。議員辞職については「課せられた責任をしっかり果たしていきたい」と否定した。安倍氏は衆参議運委での質疑後、記者団に「説明責任を果たせたのではないか。知り得る限りのことは全て話した」と述べた。次期衆院選に関しては「出馬し、国民の信を問いたい」と明らかにした。

 一方、立憲民主党は質疑の中で安倍氏の証人喚問を求めた。福山哲郎幹事長は参院議運委で、答弁の訂正について「前代未聞で、あってはならない」と批判を強めた。

 過去には、退任後の首相経験者が自身が絡む疑惑などで国会に招致されたケースはある。平成16年には日本歯科医師連盟による闇献金事件で橋本龍太郎氏が政治倫理審査会に出席した。国会では委員会で誤った答弁をした場合、その場や後日の委員会などで答弁を訂正するケースはあるが、自民党のベテラン職員は「議運委の場で発言を訂正したことは私の記憶にない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ