PR

ニュース 政治

栃木県益子町が成人式出席者にPCR検査

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、栃木県内の自治体では、年明けの成人式に向けた対応が続いている。益子町では出席する新成人を対象にPCR検査を実施するほか、成人式の開催中止や延期、内容変更を決める自治体も出てきた。

 益子町は、出席を希望する新成人全員のPCR検査を行い、費用を全額負担する。検査は宇都宮市内の病院と契約した上で、今月末から4回に分けて町民会館で実施。県外に住むなど町内での検査実施が難しい場合は、自身で検査機関に赴いて受けてもらい、町が費用を補助する。

 町では、新成人の代表で組織する実行委員会が、来年1月10日に予定する成人式の開催可否を検討。新成人の多くが開催を希望し、実行委からはPCR検査を受けて安全性を確保した上で式に臨みたいとの意見が出たという。

 一方、県内では真岡市が来年1月10日予定の成人式を取りやめ。中止にするか延期にするかを新成人の意見も踏まえながら検討する。また、佐野市は成人式の開催を完全に中止。足利市と栃木市、小山市は来年10~11月に延期することを決めた。茂木町は、1月10日予定の式典を取りやめ、新成人の写真撮影と中学時代の恩師からのメッセージ放映で対応する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ