PR

ニュース 政治

東京都、コロナ対策司令塔の専門家ボードに2チーム新設

今年最後の定例会見をする小池百合子東京都知事 =25日午後、都庁(植村光貴撮影)
今年最後の定例会見をする小池百合子東京都知事 =25日午後、都庁(植村光貴撮影)

 東京都は25日、新型コロナウイルス対策の司令塔の役割を担う「東京iCDC」(東京感染症対策センター)の専門家ボードに、来年1月4日から「微生物解析」と「研究開発」の2チームを新設すると発表した。

 「微生物解析」チームは、新型コロナの伝播(でんぱ)性や遺伝子の変化などを探り、今年4~5月の感染拡大期と比べて感染力に違いがあるのかなどを検証する。「研究開発」チームは、ウイルスの働きを弱める対策などこれまでの研究結果を、感染対策にどう応用するかなどを検討する。

 東京iCDCは今夏の都知事選で小池百合子知事が公約に掲げていたもので、10月に発足した。専門家による具体的な提言を行う専門家ボードが傘下にあり、現在は、疫学・公衆衛生▽感染症診療▽検査・診断▽リスクコミュニケーション▽感染制御-の5チームがある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ