PR

ニュース 政治

大阪府が外出自粛、時短営業の延長決定 来年1月11日まで

大阪府庁
大阪府庁

 大阪府は25日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染拡大に伴い、今月29日を期限に大阪市内全域の一部飲食店に出している営業時間短縮と休業の要請について、1月11日まで延長することを決めた。要請に応じた店舗には、市独自の20万円の上乗せ分などを含め、計72万円の協力金を支払う方針。

 府民への不要不急の外出自粛要請も同日まで延長。年末年始は「ステイホーム」に努め、忘年会や新年会のほか、カウントダウンなど主催者がいないイベントへの参加を控えるよう呼びかける。

 府の分析によると、府内の新規感染者数は減少傾向にあるが、重症や中等症の患者が増加。確保病床の使用率は重症病床と軽症・中等症病床のいずれも60%台後半と逼迫(ひっぱく)しており、要請の継続が必要と判断した。

 吉村洋文知事は対策本部会議で「医療体制が非常に逼迫し、全国的にも感染が拡大している。苦渋の判断だが、時短などの要請は継続せざるを得ない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ