PR

ニュース 政治

【安倍前首相国会説明】立民・辻元氏が追及「子供の教育に悪い」

 立憲民主党の辻元清美氏
 立憲民主党の辻元清美氏

 立憲民主党の辻元清美副代表は25日の衆院議院運営委員会で、「桜を見る会」前日の夕食会の費用補填(ほてん)問題をめぐり、安倍晋三前首相が秘書の虚偽の報告を受け国会で事実と異なる説明をしてきたことについて、「民間の企業だったらコンプライアンス失格、社長は辞職。ご自分の過ちは民間常識、コンプライアンスの基準に照らしたら議員辞職に値すると思わないか」などと厳しく追求した。

 さらに、安倍氏に対し「道徳心、愛国心(について)人一倍おっしゃっていたじゃないですか。子供の教育にも悪い。けじめをつけて議員辞職をなさる。いかがでしょう」と畳み掛けた。これに対し安倍氏は、議員辞職を否定した上で「反省の上に立って、信頼を回復するための努力を重ねていきたい。国民の期待に応えていくことができるように全力を尽くして参る決意だ」と述べた。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ