PR

ニュース 政治

【安倍前首相国会説明】立民・黒岩氏「世間知らずのお坊ちゃま」と批判

黒岩宇洋氏(市川雄二撮影)
黒岩宇洋氏(市川雄二撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 安倍晋三前首相は25日、衆院議院運営委員会に出席し、自身の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用を補填(ほてん)した問題を謝罪した。質問に立った立憲民主党の黒岩宇洋氏は、安倍氏が会場のホテルの明細書を確認しなかったことや秘書に任せていたことなどを挙げ「世間知らずのお坊ちゃまだ」と批判した。「疑惑は深まった」とも訴え、安倍氏の証人喚問を要求した。

 黒岩氏は、秘書が安倍氏に知らせずに費用を補填していたことについて「秘書にだまされたんでしょ?」と追及。参加者から徴収した会費5000円では飲食代を賄えないはずだとして「利益供与は明らかだ」と強調した。

 さらに黒岩氏は過去に党会合などで、夕食会でふるまわれたすしが高級すし店「銀座久兵衛」のものだったと伝聞情報で指摘したことに対し、安倍氏が国会で「真っ赤な嘘だ」と答弁したことを取り上げ、安倍氏の補填に関する答弁も「全て嘘だった」と非難した。安倍氏は重ねて謝罪した一方、「久兵衛」のすしではなかったと反論した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ