PR

ニュース 政治

「政府は野党の意見を聞きたくない」立民・枝野氏、コロナ対応を批判

衆院国交委員会で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=23日午前、国会・衆院第18委員室(春名中撮影)
衆院国交委員会で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=23日午前、国会・衆院第18委員室(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は23日午前、政府の新型コロナウイルス対策について、国会内で記者団に「相変わらず平時と同じ発想で『野党の意見なんてできれば聞きたくない』というのは正常性バイアスの表れの一つだ」と述べ、野党の提案を聞き入れていないと批判した。立民は地域を絞った緊急事態宣言の再発令、医療従事者や生活困窮者への支援強化などを政府に求めている。

 枝野氏はこれに先立ち、衆院国土交通委員会で質問に立ち、立民などが衆院に提出した新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案について、来月18日召集予定の通常国会を待たずに早急に審議、成立させるべきだと主張した。同改正案は緊急事態宣言に関連する都道府県知事の権限を強めることが柱となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ