PR

ニュース 政治

千葉市のマンホール蓋 市制100周年で「初音ミク」「かそりーぬ」のデザイン

千葉市下水道キャラクター「かわうそ一家」のマンホール蓋のデザイン(千葉市提供)
千葉市下水道キャラクター「かわうそ一家」のマンホール蓋のデザイン(千葉市提供)

 千葉市は、ご当地デザインマンホール人気にあやかって、来年1月1日に迎える市制100周年を記念した「デザインマンホール蓋」を来年1月下旬と3月下旬に設置する。

 デザインに採用されるのは、市章が「似ている」とネットで話題になったクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が開発した音声合成ソフトのキャラクター「初音ミク」と花のあふれるまちづくりシンボルキャラクター「ちはなちゃん」2種類、加曽利貝塚PR大使「かそりーぬ」、市下水道イメージキャラクター「かわうそ一家」。

 「初音ミク」は1月下旬に幕張メッセ付近歩道、「ちはなちゃん」は1月下旬にJR新検見川駅前の歩道と3月下旬に千葉公園内に、「かそりーぬ」は3月下旬にモノレール桜木駅付近の歩道に、「かわうそ一家」は3月下旬にJR千葉みなと駅前の歩道の各1カ所に設置される。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ