PR

ニュース 政治

カーボンプライシング、「拒否から出発すべきでない」 経団連会長 反対姿勢を転換

オンラインで会見する経団連の中西宏明会長=21日、東京都千代田区(平尾孝撮影)
オンラインで会見する経団連の中西宏明会長=21日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 経団連の中西宏明会長は21日、オンラインによる記者会見で、地球温暖化対策として二酸化炭素(CO2)排出量を価格付けする「カーボンプライシング」の導入について、「拒否するところから出発すべきではない」との考えを表明した。これまで経済界はカーボンプライシングに対し、「国民や企業の経済活動に直接的な負担を追加的に課す」として反対の立場を明確にしてきたが、今回、中西氏は議論していく必要性を強調した。

 中西氏はカーボンプライシングについて、「これまでは有効に働いておらず、また、税制改正を伴う必要があり、経済界としては慎重な立場だった」と説明。しかし、菅義偉首相が2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを掲げる中で、「経済界としても日本のエネルギーポートフォリオを考えた上で、(カーボンプライシングが)制度としてワークするかを議論していくべきだ」と語り、これまでとは異なる姿勢を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ