PR

ニュース 政治

ワクチンの国内承認申請 加藤長官「安全性・有効性確認できれば承認」

会見に臨む加藤勝信官房長官=18日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=18日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は18日午後の記者会見で、米製薬大手ファイザーが新型コロナウイルス感染症ワクチンの国内使用に向け、厚生労働省に承認申請したことに関し「安全性・有効性が確認されれば、特例承認することになる。政府としては承認後すぐに接種が開始できるよう体制をしっかり構築する」と述べた。

 加藤氏は来年2月までに主要な治験データが提出される見込みだと説明し、ワクチンの接種順位などについては年明け早々にも方針を取りまとめる考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ