PR

ニュース 政治

「時短要請、躊躇なく」 西村担当相が知事会長に要請

西村康稔経済再生担当相
西村康稔経済再生担当相

 西村康稔経済再生担当相は18日、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)と年末年始の新型コロナウイルス対策に関してオンラインで会談した。西村氏は「営業時間の短縮要請を躊(ちゅう)躇(ちょ)なく機動的に行ってほしい。感染が拡大、高止まりしている地域では対象エリアの拡大や短縮時間の前倒しも検討してもらいたい」と要請した。

 西村氏は「年末年始は集中的な対策を行い、人と人の接触機会を削減する効果的なタイミングだ。他方、医療態勢は手薄になる。何としても感染拡大を抑えないといけない」と強調。感染拡大地域からの帰省は慎重に検討することや、忘年会・新年会は普段一緒にいる人と少人数での開催にとどめるなど、対策の周知を求めた。

 飯泉氏は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止に関し「菅義偉首相の決断は、われわれも心から支持する」と表明。さらに「(一時停止を)解除する場合、様子を見て感染拡大の少ないところから徐々に解除する弾力的な工夫もお願いしたい」と柔軟な対応を要請した。

 また、時短要請の実効性を高めるため、要請に応じた事業者には持続化給付金の給付などで優遇できるようにする一方、応じない事業者には強い措置を取れるよう、新型コロナ対策の特別措置法の運用改善や改正に取り組むよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ