PR

ニュース 政治

宿泊施設従業員対象、PCR検査無料に 栃木県那須塩原市

 栃木県那須塩原市は、市内の旅館・ホテルの従業員を対象に自己負担額3千円で実施しているPCR検査を来年1月から無料にすることを決めた。10月末から始まった宿泊施設の従業員を対象にした検査では、検査数が市の見込みを大幅に下回った。無料にすることで検査率向上につなげる。

 市は当初、1カ月で600人の検査を想定していたが、10月は医療機関との調整が遅れて28日の開始となり検査数はわずか13人(4施設)。11月も50人(18施設)にとどまっている。

 また、「Go To トラベル」で宿泊客が急増し、多くの宿泊施設から、「忙しくて医療機関まで検査に出向くのが難しい」との声も多い。このため、市では医療機関を訪れなくても検査が可能になるよう、検体を郵送や市公共施設で回収するなどの方法を検討している。

 検査は月に1回で、対象は検査実施に合意している市内の28施設。無料化によって月300人の実施を見込んでいる。財源には今月から引き上げた入湯税を主に充てる方針。

 渡辺美知太郎市長は、「今後は検査が無料で、医療機関へも行かなくて済むので検査数は増えると思う」としている。(伊沢利幸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ