PR

ニュース 政治

岸防衛相、尖閣接近で中国に強い懸念伝達 日中防衛相がテレビ会談

中国の魏鳳和国務委員兼国防相とテレビ会談を行う岸信夫防衛相(手前)=14日(防衛省提供)
中国の魏鳳和国務委員兼国防相とテレビ会談を行う岸信夫防衛相(手前)=14日(防衛省提供)

 岸信夫防衛相は14日、中国の魏鳳和国務委員兼国防相とテレビ会議形式で会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国軍や中国公船が活動を常態化させていることについて、強い懸念を伝えた。また、中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相が11月の来日時に中国側の領海侵入を正当化したことについて「全く受け入れられない」と反論した。

 岸氏は会談の中で、尖閣諸島について「歴史的にも国際法上も疑いのない日本の領土で、日本が有効に支配しており、尖閣諸島をめぐる解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない」と日本側の立場を強調。中国側に、事態をエスカレートさせるような行動を取らないよう自制を求めた。

 両氏の個別会談は初めて。自衛隊と中国軍の偶発的な衝突を回避するための「海空連絡メカニズム」も協議し、懸案だった防衛当局間のホットラインの早期開設に向け調整を加速させることで一致した。

 ホットラインをめぐっては、王氏が来日時に年内の開設で合意したと発言したが、この日の会談では具体的な時期について合意には至らず、年内の開設は見送るとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ