PR

ニュース 政治

加藤官房長官 重点医療機関への派遣医師・看護師の補助上限額を倍増

会見に臨む加藤勝信官房長官=14日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=14日、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は14日午後の記者会見で、菅義偉首相が打ち出した新型コロナウイルス感染症に対応する医師や看護師の処遇向上に関し「派遣される医師、看護師らの処遇にも配慮する観点から、重点医療機関に指定を受けている医療機関に派遣する場合の補助上限額を倍に引き上げる」と説明した。

 政府は新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金を活用し、クラスター(感染者集団)が発生した医療機関に医師、看護師らを派遣する医療機関に補助を実施している。現行の上限額は派遣された医師が1人1時間当たり7550円、医師以外の医療従事者が同2760円となっており、これらを倍増する見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ