PR

ニュース 政治

東千葉メディカルセンターに是正命令 病院経営の不正疑惑

病院経営の在り方が問われている東千葉メディカルセンター=10日、東金市(小野晋史撮影)
病院経営の在り方が問われている東千葉メディカルセンター=10日、東金市(小野晋史撮影)

 千葉県東金市にある地域中核病院「東千葉メディカルセンター」で、病院経営の不正疑惑が浮上している。告発文が証拠資料とともにインターネット上で公開され、内部調査では一部を事実と認定。同病院の経費を負担している同市と九十九里町は10日、改善策の提示や関係職員への厳正な対処などを求める是正命令を行った。

 告発文は10月上旬に公開されたとみられ、一部職員への不適切な給与支払いや取引業者との癒着といった複数の不正疑惑を指摘。証拠として、給与支払いに関する書類や業務委託の請求書をはじめとした内部文書の写しが添付されていた。

 これを受け、同病院が内部調査を行った結果、勤務実態がない事務職員への給与支給や委託業者の不適切な選定などを事実と確認。市や町は、同病院で人事や給与、委託業務や購買契約などに関する規定の整備が不適切で、運用の適正性や妥当性にも欠けた面があると判断した。

 是正命令では「告発文の内容は到底看過できるものではない」と強調。同病院に対し、迅速かつ確実な是正措置を講じるとともに、時間を要する事案に関しては改善計画を明確にした上で、来年1月15日までに報告するように命じた。

 鹿間陸郎市長と大矢吉明町長は10日、市役所で同病院の増田政久理事長に是正命令を伝達。鹿間市長は「早期に是正を図ることで、信頼回復につながることを望んでいる」と強調。終了後、報道陣の取材に応じた増田理事長は「このたびは不愉快な思いをさせてしまったことを深くおわびします」と陳謝した。

 同病院は平成26年に開業して以来、赤字経営が続き、30年度には県から30億円の支援を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ