PR

ニュース 政治

首相「前向きに進める」 自民、デジタル庁で「脱霞が関」提言

首相官邸に入る菅義偉首相=7日午前
首相官邸に入る菅義偉首相=7日午前

 自民党行政改革推進本部の棚橋泰文本部長は7日、菅義偉(すが・よしひで)首相と官邸で会い、政府が来年9月創設を目指すデジタル庁に関する中間提言を手渡した。若手の幹部起用や能力重視の人事評価制度の導入を柱に据えるなど「脱霞が関」を訴えた内容。首相は「前向きに進めていく」と応じた。

 棚橋氏は面会後、記者団に「従来の霞が関的な行政組織ではなく、柔軟な制度設計を考えるべきだ」と強調した。

 提言は20、30代でも次官、局長級ポストに用いるよう要請。学歴や勤続年数に関係なく「能力のみを評価して登用する制度」を提唱した。優秀な人材確保を目指し、行政職より高いデジタル職向けの給与体系の整備検討を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ