PR

ニュース 政治

加藤官房長官、香港の民主活動家判決「禁錮刑に懸念」

記者会見する加藤官房長官=3日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=3日午前、首相官邸

 加藤勝信官房長官は3日午前の記者会見で、香港の西九竜裁判所が違法な集会を扇動した罪に問われた民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏ら3人に禁錮刑の実刑判決を言い渡したことについて、重大な懸念を表明した。

 「今回の判決を含むこれまでの一連の事案が、香港が享受してきた民主的、安定的な発展の基礎となる言論の自由や結社・集会の自由にもたらす影響などについて重大な懸念を持っており、その動向を注視している」と述べた。

 加藤氏は香港に関し「一国二制度の下、自由で開かれた体制が維持され、民主的、安定的に発展していくことが重要であるというのがわが国の一貫した立場だ」とも語り、先日、訪日した王毅国務委員兼外相にも日本政府の立場を伝えたことを強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ