PR

ニュース 政治

維新、香港情勢の国会決議案…政府に対応求める 超党派議連も集会 

 香港立法会(議会)の民主派議員の資格剥奪や民主派前議員の逮捕が相次いだことを受け、日本維新の会は30日、「香港の一国二制度の堅持を求める決議案」を参院に提出した。

 決議案は香港情勢について「深く憂慮する」と表明し、「香港市民の民意を尊重した対話と自制による平和的な話し合いを通じた解決」を関係者に要求。日本政府に対しても、一国二制度の堅持と自由で開かれた香港の維持を、中国政府と香港政府に働きかけるよう求めた。

 一方、超党派の国会議員でつくる「対中政策に関する国会議員連盟」(JPAC)も30日、中国当局による香港への弾圧をめぐって国会内で集会を開いた。

 集会では在日香港人2人が、香港でデモ扇動罪に問われた民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏ら3人が保釈継続が認められず、収監されたことなどについて状況を説明。「アジア最大の民主国家である日本は傍観者でいるべきでなく、人権を守る姿勢を見せ、確実な行動を取るべきだ」と訴えた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ