PR

ニュース 政治

茂木外相「尖閣は疑いのない日本固有の領土」 中国外相に伝達

閣議に臨む茂木敏充外務相=27日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む茂木敏充外務相=27日午前、首相官邸(春名中撮影)

 茂木敏充外相は27日の参院本会議で、24日の中国の王毅国務委員兼外相との会談で尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「歴史的にも国際法上も疑いのないわが国の固有の領土で、有効に支配している。尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない」と伝えたと明らかにした。王氏が会談後の共同記者発表で尖閣の領有権を主張したことについては「中国独自の立場に基づくもので全く受け入れられない」と批判した。

 自民党の山田宏参院議員の質問に答えた。

 茂木氏は会談で、中国公船による領海侵入や接続水域での航行、日本漁船への接近事案などを取り上げ、王氏に行動をやめるよう申し入れたことも明かした。

 24日の日中外相会談後の共同記者発表では、王氏が「一部の真相が分かっていない日本漁船が釣魚島(魚釣島の中国名)周辺の敏感な水域に入る事態が発生している」と主張。「引き続き自国の主権を守っていく」と強調した。

 茂木氏は王氏に先立ち「尖閣諸島周辺海域に関する日本の立場を説明し、中国側の前向きな行動を強く求めた」と述べていた。発言は1回ずつの形式だったが、自民党やSNS(交流サイト)上では「すぐに反論すべきだった」との声が相次いだ。

 茂木氏は27日の参院本会議で「共同記者発表後に行われた議論でも日本の考えを改めて申し入れた」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ