PR

ニュース 政治

成田空港、コロナ対策強化へ 自民千葉県連の要望に首相検査拡充方針

菅義偉首相とのテレビ会議形式での対話集会に臨んだ自民党県連の幹部ら=23日、千葉市中央区(小野晋史撮影)
菅義偉首相とのテレビ会議形式での対話集会に臨んだ自民党県連の幹部ら=23日、千葉市中央区(小野晋史撮影)

 自民党千葉県連は23日、千葉市内で菅義偉首相(同党総裁)とのテレビ会議形式の対話集会に臨んだ。県連幹事長の河上茂県議ら幹部が出席。新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた成田空港や、計画段階にある「第二東京湾岸道路」について話し合った。

 県連は成田空港に関し、来年予定される東京五輪・パラリンピックの開催で多くの入国者が予想されることから、万全の感染防止対策を要望。これに対して菅氏は、水際対策の強化のため、感染の有無を調べる成田空港での検査を、今月中に1日8千人程度に拡充する考えを示した。

 県と東京都を湾岸部で結ぶ新たな道路として期待される第二湾岸について、県連は「慢性的な交通渋滞の解消だけでなく、災害時の代替性を高める」などと指摘。菅氏は「道路計画の早期具体化に向け、しっかりと検討したい」と応じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ