PR

ニュース 政治

首相、知事会でコロナ感染「最大限警戒」

全国都道府県知事会議で発言する菅義偉首相=20日午後、首相官邸(春名中撮影)
全国都道府県知事会議で発言する菅義偉首相=20日午後、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は20日、官邸で開かれた政府主催の全国都道府県知事会議で、新型コロナウイルスの感染状況について「連日、全国で2000人を超え、最大限警戒する状況にある」と述べ、感染防止対策の徹底を求めた。一方で「経済活動との両立を図り、経済を回復していく」とも強調した。

 首相は感染防止対策について「政府としては都道府県が行う営業時間の短縮要請について、交付金による支援を決め、(飲食業界の支援策)『Go To(イート)』は感染拡大地域での原則4人以下で飲食をすることについて(各都道府県に)検討を要請している」と説明した。高齢者施設での集中的な検査に関しても、各知事の協力を求めた。

 その上で、経済活動は「新型コロナの感染拡大を防ぐことが大前提」と強調しつつ、「地方の所得を向上させ、地方の消費を活性化させることは日本全体を元気にするために不可欠だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ