PR

ニュース 政治

和歌山市のコロナ対策商品券、盗難相次ぐ ポストから抜き取りか

盗難が多発している和歌山市の商品券(同市提供)
盗難が多発している和歌山市の商品券(同市提供)

 新型コロナウイルスの経済対策として和歌山市が全市民に郵送した商品券に、盗難被害が相次いでいる。和歌山県警によると、被害届は19日現在で約120件に上っており、県警は窃盗事件として捜査。郵送後のポストから何者かに抜き取られた可能性が高く、アパートなどの集合住宅で盗まれたケースが多いという。受領印や署名の必要がなく、郵便箱に配る「特定記録」の方法が狙われた格好で、市幹部は「結果的に多くの盗難が確認され、市民に迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪している。

 商品券は、市民1人あたり3千円分の「地域ささえ愛商品券」。10月に約17万6千世帯に郵送した。

 市によると、郵送方法については、特定記録にするか、対面の手渡しで受領印や署名も必要な簡易書留にするか、事前に検討。和歌山中央郵便局とも協議した結果、簡易書留にすると郵送完了までに時間がかかることも想定されたため、特定記録に決めたという。

 市の担当者は「簡易書留では不在の場合、市民が窓口で受け取る必要があり、大勢詰めかければ新型コロナの感染リスクもあった」と説明する。

 ただ特定記録は、配達先を記録する一方、郵便箱に入れるだけで受領印や署名も不要なため、配達後にポストから抜き取られる盗難防止には役立たない。

 市では、こうした盗難も想定し、商品券ごとに配布先の市民を判別できる8桁の管理番号を割り振り、印刷していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ