PR

ニュース 政治

加藤長官「引き続き自治体を支援」 コロナ新規感染過去最多

記者会見する加藤官房長官=19日、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=19日、首相官邸

 加藤勝信官房長官は19日午後の記者会見で、東京都内での新型コロナウイルスの新規感染者数が534人となり、全国的にも増加傾向にあることについて「政府としては引き続き東京都をはじめ、自治体と連携して、自治体の感染拡大防止に向けた取り組みや、あらかじめ策定した病床確保計画に沿った病床確保の取り組みなどを支援していく」と語った。

 新型コロナのワクチンを国が費用を負担して接種を速やかに進める体制を整えるための予防接種法改正案の衆院通過を踏まえ、「政府として国民の選択に資するよう科学的知見に基づいた正確なデータ・情報をしっかり発信していくことが必要だ」と述べた。

 自ら接種するかを問われると、「ワクチンは開発中の段階であり、具体的なことは申し上げられない。(科学的知見に裏付けられた正確な情報などに基づいて)私自身も適切に判断していきたい」と説明した。

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」については「引き続き感染拡大防止を徹底しつつ、事業の適切な推進を図っていきたい」と述べ、事業を継続する方針を改めて強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ