PR

ニュース 政治

加藤官房長官「懸念もって注視」 中国のウイグル族への人権弾圧

 加藤勝信官房長官は18日午前の記者会見で、中国当局によるウイグル族など少数民族に対する人権弾圧について「懸念をもって注視をしている」と述べた。

 同時に「わが国としては、国際社会において普遍的である自由、基本的人権の尊重、法の支配は中国においても保障されることが重要だと考えている」と説明し、日本の立場を中国側に繰り返し伝えていく考えを強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ