PR

ニュース 政治

香港市民保護の超党派議連が対中非難声明 民主派4人の議員剥奪で

記者会見する香港市民の人権保護を目指す超党派の議員連盟共同代表の中谷元・元防衛相(中央)ら=13日午後、国会
記者会見する香港市民の人権保護を目指す超党派の議員連盟共同代表の中谷元・元防衛相(中央)ら=13日午後、国会
その他の写真を見る(1/2枚)

 香港市民の保護を目指す超党派の有志議員でつくる「対中政策に関する国会議員連盟」は13日、国会内で会合を開き、中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会の決定に基づき香港立法会(議会)の民主派議員4人が議員資格を剥奪されたことに関し、「香港の高度な自治に対する受け入れがたい攻撃」とする非難声明を決議した。

 声明は「中国指導部に対し、香港への不当な行動について責任を負わせるよう、日本政府が速やかに行動することを要求する」とも記した。

 民主派議員の議員資格剥奪をめぐり、米国のポンペオ国務長官や英国のラーブ外相らが強い口調で中国政府の対応を非難しているが、日本政府は「重大な懸念」(菅義偉=すが・よしひで=首相)との表現にとどめている。

 議連共同代表の山尾志桜里衆院議員は記者会見で、日本政府の対応について「中国に対する過度な配慮があると思わざるを得ない」と苦言を呈した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ