PR

ニュース 政治

内閣感染症危機対策官の新設「速やかに検討」 加藤官房長官 

会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は13日午前の記者会見で、新型コロナウイルスなどの感染症に対する危機管理対応の司令塔機能を担う「内閣感染症危機対策官」の新設に関し、「現時点で決定しているものではないが、新型コロナ感染症のような感染症危機管理事案が発生した際に、即応できる体制を整備することは重要と認識している。速やかに検討を進めていきたい」と述べた。

 政府は内閣感染症危機対策官について感染症対策に詳しい専門家を中心に人選を進める方針で、事務次官級ポストで待遇する見込みだ。政府高官は「現在、各省庁がそれぞれ担っている感染症対策を1カ所でやる組織を作る」と述べ、官邸に感染症対策に関する機能を集約する考えだ。

 政府は8月の新型コロナウイルス感染症対策本部で決定した今後の取り組みの中で、感染症危機管理における司令塔機能の強化策の検討を明記している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ