PR

ニュース 政治

公明・北側氏、自民の改憲条文案策定は「極めて一部の話」

北側一雄氏
北側一雄氏

 公明党の北側一雄副代表は5日の記者会見で、憲法改正の具体的な条文案を年内に策定するとしている自民党内の動きについて「極めて一部の話だと思う」と述べ、公明側は静観する考えを示した。今後の議論の在り方については「(衆参の)憲法審査会で論議が積み重ねられていくことが大事だ」と述べた。

 自民内には事前に公明側と条文案の協議をすべきだとの意見もあるが、北側氏は「政府が提出する法案は与党で事前審査をするが、(改憲案は)それとは性格を異にする」と語った。「憲法の問題はできるだけ多くの政党と丁寧に合意を作っていくことがとても大事だ」とも指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ