PR

ニュース 政治

維新・馬場幹事長「新たな登山ルート開拓する」 都構想再否決で

衆院本会議で代表質問を行う日本維新の会・馬場伸幸幹事長=10月29日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議で代表質問を行う日本維新の会・馬場伸幸幹事長=10月29日午後、国会(春名中撮影)

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は4日の記者会見で、大阪都構想が1日の住民投票で否決されたことについて「大阪都は統治機構改革を進めていくための一つの手段ということでやってきたが、2度も否決されると、このやり方は駄目だということがよく分かった」と述べた。

 その上で「統治機構改革をやるという旗は絶対に降ろさない。新たな登山ルートを開拓して、その登山ルートを上がっていくとの決意にいささかの揺らぎもない」と強調。次期衆院選の前に、都構想に代わる新たな政策の柱を打ち出す考えを示した。

 また、令和5年4月の大阪市長任期満了後に政界を引退する意向を表明した党代表の松井一郎大阪市長に関し「いったん休憩して、リフレッシュしてステージを変えて、再び日本大改革のために働いてほしい」と述べ、国政転身を求めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ