PR

ニュース 政治

台湾のWHOオブザーバー参加働きかけ強化を 日華懇、政府に要望書

 超党派議員連盟「日華議員懇談会」(古屋圭司会長)は4日、台湾の世界保健機関(WHO)へのオブザーバー参加に向けて、WHO事務局や関係各国への働きかけ強化を求める要望書を外務省と厚生労働省に提出した。

 要望書は、台湾の新型コロナウイルスの防疫に触れ「中国と海峡を隔てて存在する台湾が早期に実施した独自の対策は世界の範となった」と指摘。その上で「台湾が国連への加盟、非加盟にかかわりなくWHOに等しく参加し、公の場での自由な発表の機会が与えられることを強く支持する」とした。

 古屋氏は4日に国会内で開いた役員会で「馬英九政権のときはオブザーバー参加を認めていたが、政権が代わったら認めないのはWHO憲章違反だ。同じ価値観を共有する国々と連携してこの問題に取り組みたい」とあいさつした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ