PR

ニュース 政治

維新の立ち位置を注視 立民幹部「協力余地も」

記者会見に臨む(左から)大阪維新の会代表代行の吉村洋文・大阪府知事と同代表の松井一郎・大阪市長=1日午後11時44分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)
記者会見に臨む(左から)大阪維新の会代表代行の吉村洋文・大阪府知事と同代表の松井一郎・大阪市長=1日午後11時44分、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は2日、大阪都構想の住民投票否決を受け、構想を推進してきた日本維新の会の今後の立ち位置を注視する考えを示した。国会内で記者団に「自民党の隠れ補完勢力だったが、われわれと協力できる余地があるのかを含め注視していきたい」と述べた。

 大阪での国政選挙について「この10年間、主役は維新だった。今度はわれわれ自身が努力して、自民対われわれの戦いに持っていかないといけない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ