PR

ニュース 政治

日韓局長級協議、坂井副長官「一定の意義」

 坂井学官房副長官は30日の記者会見で、29日に行われた日韓局長級協議について、両国間でビジネス目的の往来が再開されたタイミングで行われ、「日韓間の諸課題について率直な意見交換を行った点で一定の意義があった」と評価した。

 坂井氏は今回の協議について「(10月8日から)ビジネストラックが再開したということもあって、このタイミングとなった。(9月24日の)日韓首脳電話会議は韓国側から申し込んできたこともあり、今回は事務方の協議ということもあるのでこちらから赴いた」と経緯を説明した。

 今回の局長級協議は9月24日に行われた日韓首脳電話会談での合意内容を踏まえ、いわゆる徴用工問題などを協議した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ