PR

ニュース 政治

菅首相、北方領土「自分が解決」 対露交渉、安倍路線を堅持 

閣議に臨む(左から)茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=27日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む(左から)茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=27日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉首相は27日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員と官邸で面会し、ロシアとの平和条約締結交渉について、安倍晋三前政権の路線を堅持する考えを伝えた。「北方領土問題を次世代に先送りせず、自分の手で解決する」と述べた。鈴木氏が面会後、記者団に明らかにした。

 首相は、9月29日のプーチン大統領との電話会談で、プーチン氏から「1956年の日ソ共同宣言を基礎に話を進めていこう」との話があったとも紹介した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ