PR

ニュース 政治

学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達

前のニュース

井上信治科学技術政策担当相(右)と会談する日本学術会議の梶田隆章会長(左から2人目)ら=23日午前、東京・霞が関(酒巻俊介撮影)
井上信治科学技術政策担当相(右)と会談する日本学術会議の梶田隆章会長(左から2人目)ら=23日午前、東京・霞が関(酒巻俊介撮影)

 井上信治科学技術政策担当相は23日、日本学術会議の梶田隆章会長と会談し、学術会議のあり方を検討して年内に報告するよう求めた。井上氏は「(学術会議と)コミュニケーションをとりながら、未来志向で今後のあり方をお互いに考えていきたい」と語った。梶田氏は学術会議の提言機能の強化策などを検討し、年末までに結果を政府に報告する考えを伝えた。

 梶田氏は会談で、菅義偉首相が新会員候補105人のうち6人の任命を見送ったことについて、「現在、任命問題をめぐって苦慮している。今後の率直な対話のためにも、解決が大変重要だ」と訴えた。6人の任命などを求めた学術会議の決議文も手渡した。

 これに対し、井上氏は会員任命は首相の権限として、踏み込んだ言及を避けた。一方で「国の予算を投じる機関として、本来達成すべき役割をより適切に果たし、国民に理解される存在であるべきだ」とも語り、学術会議のあり方を見直すよう求めた。

 梶田氏は会談後、学術会議の提言機能や情報発信力、国際活動などについて見直しが必要かどうか検討を進めるとした上で、「未来志向でしっかり検討していきたい」と記者団に語った。

 学術会議の会員選考をめぐっては、首相が「推薦された方々が、そのまま任命されてきた前例踏襲をしてよいのか」と疑問を呈した。政府には「後継指名で同じ大学ばかりになる」「若い学者が選ばれない」などと問題視する声が強い。

 政府高官は「自然科学系は業績が顕著だから序列が一目で分かるようになっているが、人文社会科学系は違う」と指摘し、選考の不透明性に不満を漏らす。今回任命が見送られた6人は政治学や歴史学、法学、宗教学が専門だった。

 井上氏は来週にも学術会議を視察する方針。河野太郎行政・規制改革担当相も行政改革の観点から学術会議事務局の組織や定員について見直しを進めている。自民党もプロジェクトチームを設置して議論を進めており、年内にも政府への提言をまとめる。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ