PR

ニュース 政治

山下元法相「誠に残念」 石破氏会長辞任

自身が率いる派閥の会合後、記者団に派閥会長辞任を表明する自民党・石破茂元幹事長=22日午後、国会内(春名中撮影)
自身が率いる派閥の会合後、記者団に派閥会長辞任を表明する自民党・石破茂元幹事長=22日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の山下貴司元法相は22日、所属する石破派(水月会、19人)会長の石破茂元幹事長が会長辞任を表明したことについて「悩みに悩んで、自民党に対する責任のみならず、日本に対する責任も考え抜いた上で決断したと思わざるを得ないが、誠に残念だ」と述べた。国会内で記者団の取材に答えた。

 山下氏によると、石破氏は会合で次期党総裁選について「新たな政権ができたばかりだ。今の段階で1年後(の総裁選)に出る、出ないということは少し違うのではないか。結果が出た以上、菅義偉(すが・よしひで)政権を支えるつもりだ」と説明したという。

 山下氏は、石破氏について「政治家としてのけじめをつけたのだろう。今後とも尊敬する政治家として、いろいろなご指導をいただけると思っている」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ