PR

ニュース 政治

「首相らしい1カ月」 自民・世耕氏“菅流”を評価

自民党の世耕弘成参院幹事長=9月16日、首相官邸(佐藤徳昭撮影)
自民党の世耕弘成参院幹事長=9月16日、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 自民党の世耕弘成参院幹事長は16日の記者会見で、菅義偉(すが・よしひで)政権の発足から1カ月がたったことについて「具体的にテーマを決め、仕事を動かしていくのが“菅流”の仕事のやり方だ。そういう意味では、菅首相らしい1カ月間だったのではないか」と評価した。

 世耕氏は、日本学術会議の新会員6人の任命を見送ったことをめぐり、野党からの追及が予想される26日召集の臨時国会に関しては「初めての実質的な菅政権としての国会審議。丁寧に誠実に、野党側の質問にも答えてほしい」と述べた。

 また、首相が民間人らと多くの面会を重ねていることに触れ「たくさんの方に会い、問題に切り込んで頑張っている。疲れすぎないように、時には息を抜くぐらいのゆとりをもって仕事に臨んでいただければ」とねぎらった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ