PR

ニュース 政治

中国公船の尖閣領海侵入 外交ルートで厳重抗議 加藤長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=15日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=15日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、中国海警局の船2隻が同日午前に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に相次いで侵入し、航行中の日本漁船1隻に接近しようとする動きを見せたことに関し、外交ルートを通じて中国側に厳重に抗議したことを明かした。加藤氏は「現場では海上保安庁の巡視船が中国公船に領海からの退去要求を繰り返し実施し、漁船の周囲に巡視船を配備して安全を確保した」と説明した。

 また、加藤氏は、環境省が尖閣諸島で年内に実施する生態調査について「過去に作成した植生図の更新やアホウドリなどの生息状況に関する調査を、最新の人工衛星画像を用いて実施する予定だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ